履歴書/自己PRの書き方 | 履歴書.info

履歴書/自己PRなら履歴書.info

間違った自己PRの書き方をしないようにするにはどうするべきか

自己PRを書く時には、注意して書かなくてはいけない事もあるのですが、間違った書き方をしてしまった事で、毎回書類審査で落とされてしまうという人もいると思います。

なんで毎回書類審査に通らないのかを分析してみると、間違った自己PRの書き方をしている場合が目立ちます。

そこで、間違っている自己PRの書き方を紹介するので、もしこのような書き方をしていたら、即剤に改善するようにしてみましょう。

最初に紹介するのは、自己PRの文章に、私はなどといった作文のような書き方をする事です。

履歴書は自分の事を会社に知ってもらう為の書類なので、このように無駄な文章を無くすことが大切です。

次に紹介するのは、学生時代は無遅刻無欠席でしたという事を強調する事ですが、無遅刻は当たり前の事ですし、どうしても欠席しなくてはいけない事情がある人もいるので、このような内容は避けるべきでしょう。

最後は以前勤めていた会社の悪口を書く事です。

とても厳しくて条件の悪い所で頑張りましたなどと書いてあると、粘り強いという事よりも、ただ不満を口にしているだけで、今度の会社も不満があると辞めてしまうのではと思われてしまいます。


Categorised as: 事例集 | 履歴書の書き方

Comments are disabled on this post


Comments are closed.