履歴書/自己PRの書き方 | 履歴書.info

履歴書/自己PRなら履歴書.info

良い履歴書と悪い履歴書

履歴書には書く人の育ちが出てきてしまいます。内容は勿論ですが字の綺麗・下手でその人の育ってきた環境が如実に現れます。

字が下手な人が必ずしも育ちが悪いという訳ではないでしょうが、一般的にはそのように思われてしまいますよね。

履歴書を書く事に大事なのは、自分の価値観を捨てることです。

自分にとって最大の長所であっても会社側がそれを求めていなければ意味がないです。

一つ例をあげて見ましょう。食品系の企業に送る面接の特技に“絶対音感”と書いたとしましょう。

確かに絶対音感は素晴らしい能力だと思いますし、音楽系の仕事に就くのであれば大きなアドバンテージになり得る能力だとは思います。

しかし食品会社で絶対音感を必要とすることはまずありませんよね。大事なのは自分の全てを知って貰う事ではなく企業に興味を引くような履歴書を書く事です。

その為には自分一人で黙々と履歴書を書いていてはダメです。一番手っ取り早いのは履歴書のプロに相談する事です。

学校に通っている方であれば進路担当の講師に必ず相談しましょう。学生でなければハローワークなどに行くのも良いかと思います。

履歴書の書き方を教えてくれる方がいらっしゃいます。その方々の知識を借りながら自分を最大限アピールするだけの悪い履歴書ではなく、企業が興味を持つような良い履歴書を書くよう努力しましょう。

良い履歴書を書きつづけていれば、必ず自分の希望する職種に就く事が出来ます。


Categorised as: 履歴書の書き方

Comments are disabled on this post


Comments are closed.