履歴書/自己PRの書き方 | 履歴書.info

履歴書/自己PRなら履歴書.info

私が、私が、ばかりを履歴書の自己PRに書くのは、本当は間違いなの?

履歴書とは、採用を決定する前の段階で、採用を希望する人がどのような人でどのような性格をしているかを判断するための非常に大事な材料となります。

応募する側からすれば、その履歴書の髪一枚に、自分の情報や、自分のいいところを詰め込んで、企業側に提出するということになるわけです。

自己PRをするためには、自分のいいところをたくさん書いて伝えたいと思うかもしれませんが、作文でないのですから、つい文字数を詰め込みすぎるのはあまり好ましくありません。

履歴書の自己PR欄はごく限られたものですから、なるべく簡潔に伝えたいことをまとめ上がる必要があります。

自分の長所を書く際にありがちなのが「私のいいところは○○です」「私は~です」などという書き方です。

いちいち私は、私が、というように書いていては、貴重な紙面がどんどん埋まっていってしまいます。

履歴書に書くのは自分のこと以外何もないのですから、「私が」という主語はなくても問題ありません。

必要のない言葉を省くことで、読みやすいPR文を作ることができます。


Categorised as: 履歴書の書き方 | 用語解説

Comments are disabled on this post


Comments are closed.