履歴書/自己PRの書き方 | 履歴書.info

履歴書/自己PRなら履歴書.info

履歴書を書く上で嘘はNGです。

履歴書を書いていて、どうしてもインパクトが無いからといって話しを盛ったり嘘を書いてしまったという事はありませんか。

もし今就職活動をされている方が居たら、嘘だけは絶対に書いてはなりません。嘘というものはどうしても相手に直ぐ分かってしまいます。なので、出来るだけ嘘を書く事は避けましょう。

もし仮に書類選考が通った時に嘘の話の詳細を聞かれることなんかもあります。そうなった時、人事担当の人曰く「嘘だった場合は直ぐに分かる」との事です。

人事担当の人たちはこれまでに何人者人の履歴書を見たり、面接をしたりしてきている人達なので嘘に関しては敏感に感じるそうです。

後々嘘が発覚した場合は会社を首になるだけではなくもしかしたら訴えられる事もあるかもしれません。

あまりにリスクが高いことなので履歴書に嘘を書くという事がどれだけ危ないことか分かってきたと思います。

たまに学歴、職歴を詐称する人が居るそうですがちゃんと確認を取っている場合が多いので絶対にやめた方がいいでしょう。

嘘はその嘘が通ったときのメリットよりも、バレてしまった時にリスクが大きいということなんです。

私の知っている人の中にも履歴書に嘘八百を並べて望んだ人が居ましたが結局面接の段階で何かの拍子にその嘘がばれてしまってとても大変な思いをしたそうです。

だいたい、向こうからしても嘘を付く人間は信用出来ないです。後々の事を考えて嘘を付くのはやめましょう。


Categorised as: 履歴書の書き方

Comments are disabled on this post


Comments are closed.