履歴書/自己PRの書き方 | 履歴書.info

履歴書/自己PRなら履歴書.info

履歴書を書く上での注意点とは。

至極当たり前の事なので、御存知頂いていると思いますが、履歴書には学歴を書く場所があります。最終学歴が中学校卒業・高校卒業・高校中退・大学卒業・大学中退と人によって様々です。

この場合ウソ偽りない事実を書く必要がありますが『高校中退』や『大学中退』というのは見た目として悪い印象を与えてしまうと思われる方がいらっしゃると思います。

それで学歴を偽って『大学卒業』とした時の問題点についてお話させて頂きたいと思います。実際の所は個人情報を保護する為に学校も卒業生の情報を会社からの問い合わせで返答する可能性は低いです。

もし発覚するとしたら、会社に卒業証書を要求された場合か、同僚などに『大学中退』の事実を話して、それが上司に伝わるという流れです。

もし学歴詐称が判明した時にどういった処分になるかということですが、基本的には会社を解雇させられるだけでそれ以上に何か責任を問われる事はありません。

しかし、学歴詐称にともなって財物の交付を受けると詐欺罪になってしまいます。当然、前科という形で残ってしまいますので次の仕事を探すにしても色々障害になってきてしまいます。

『学歴を詐称しても見つからなければ大丈夫』そういった考えがあるのであれば、その考えは甘いです。

学歴を詐称して入社した会社で一生嘘をつきながら生活すると言うのも精神的にも辛いはずです。

履歴書を良く見せたいという気持ちは充分に分かりますが、学歴以外にも見る場所はあります。しっかりと自己PRを書いて周りと見劣りしないような履歴書作成に努めましょう。


Categorised as: 履歴書の書き方

Comments are disabled on this post


Comments are closed.