履歴書/自己PRの書き方 | 履歴書.info

履歴書/自己PRなら履歴書.info

履歴書を書き方が分からないそこのあなた。

履歴書というものは書く前の段階では「こんなの直ぐ書ける」と思ってしまうのですがいざ取り掛かってみると中々捗らないものですよね。

それはどうしてだと思いますか?そうです。それはあなた自身が履歴書の書き方をイマイチ理解していないからです。

勿論修正が効かないものなので時間をかけて取り組みましょう。

住所や名前や経歴などを書く欄は内容が毎回同じなので使いまわしで大丈夫です。

こちらに時間を取ると大事な項目が疎かになってしまいますので後回しにしても良いくらいです。

自己PR 志望動機の項目は履歴書における最重要項目だといえるのでこちらに関しては適当に書かずしっかりと書きましょう。

ここが適当だったり白紙だったりしますといくら高学歴でも意味がありません。

そんな人材は取る気すら失せてしまうので注意が必要です。

では具体的にどのように自己PRをしていけばいいのかを分からない人も多く見受けられますがそう気難しく考える必要はないです。

書き方一つで印象が大分違うので気軽なことを工夫して書いてみましょう。

社風が気に言ったとか、自分に合うと思った。

など漠然と書いている方が多いようですがそれだけではどうしてそう思ったの?

とつっこまれてしまいますので一言を沿えて、書いてみると良いでしょうか。

例えば、小さい頃から親に挨拶だけはしっかりしろと言われて育ちました。『元気で明るくしっかり挨拶』が社訓の御社では自分が活き活き働いている姿容易に想像する事が出来、此方で働きたいと強く思いました。

くらい書きましょう。書き方一つで色々と変わるものです。


Categorised as: 履歴書の書き方

Comments are disabled on this post


Comments are closed.