履歴書/自己PRの書き方 | 履歴書.info

履歴書/自己PRなら履歴書.info

履歴書の良い自己PRの書き方。

実は多くの人が履歴書の自己PRの書き方を分かっていません。

いろいろな人の履歴書を見ているとどうしても自分目線のものが目立っているよう感じてしまいます。

履歴書とは、基本的に自分をアピールするものですがただ自分が見てもらいたいところを書くだけでダメなんです。

相手企業が欲しい人材、欲しい能力、そういったものをしっかりと分析した上で自分にはそういう能力がある、自分はそういう人材である。

という事をアピールしていかなければなりません。

闇雲に書くだけではないので注意しましょう!ではどういう書き方をすればアピールになるのか実際に例を挙げて考えてみましょう。

まず前提としてA社の営業関係に出す履歴書の場合。この場合はパソコンの技術、何か特別な資格を持っていることなどをアピールしても意味がないので、コミュニケーション能力がある事や初対面の人とでも普通に話す事が出来るなどそういったアピールの方が効果的です。

もし過去にサービス業などをされていたのならそちらでの経験を書いても良いと思います。もし何かを売るアルバイトなのでしたらそちらで残した実績などがあると良いですね。

『学生の頃、教材販売の営業をしていてこの業界の大変さは身を持って分かっています。しかし、努力を惜しまずにどうすれば良いのか考え、挑戦し続ける事で結果が出てくる事に魅力を感じています。教材販売での営業は月間売り上げ1位を取れるようになりました。その経験を活かしたいです。』

などそういった感じで自分をアピールしていきましょう。


Categorised as: 履歴書の書き方

Comments are disabled on this post


Comments are closed.