履歴書/自己PRの書き方 | 履歴書.info

履歴書/自己PRなら履歴書.info

履歴書の自己PRは適当になりがち?

多くの履歴書を見てきて思った事ですがなぜか自己PRがしっかり書けていない人が多いです。

学歴欄を見るとせっかく高学歴なのに自己PRの部分が適当で、見る方からしてみればとても残念に思えてなりません。どんなに学歴が良くても自己PR欄が適当だとどうしても採用する気にはならないのです。

ところで履歴書を書くときってどこから書いていますか。

結論から言いますともし履歴書の書き方に悩んでいるのでしたら自己PRから書く事をオススメします。

自分の名前や住所なんて何も考えなくても書けるものなので一番集中出来る書き始めはその全てを自己PR欄に注ぐつもりで履歴書は書くべきです。

ではその自己PRの書き方ですが自分をしっかりと表現していけばまずマイナス評価にはならないので悩み過ぎず書きましょう。提出先の会社や仕事内容に沿って自己PRを書けば大丈夫です。

どこにでも通用する内容としてはコミュニケーション能力に関して書く事がお勧めです。

コミュニケーション能力が高く○○な出来事があって得をした。なんてエピソードを書いてみるのも良いでしょう。

一人旅をしようと思い○○まで旅行に出掛けた。

そこで現地の人と盛り上がり一晩停めてもらった。くらいのエピソードでしたらみている方でも関心ものです。

しかり、嘘はダメです。面談の際に突然この話を振られるかもしれません。

そうなると口ごもったりしたら嘘は瞬時に見抜かれてしまいます。

多少オーバーに書く事が問題ないと思いますがその辺はさじ加減をしっかりしましょう。


Categorised as: 履歴書の書き方

Comments are disabled on this post


Comments are closed.