履歴書/自己PRの書き方 | 履歴書.info

履歴書/自己PRなら履歴書.info

履歴書の思い出させて頂きます。

私も長い人生の中で何度も履歴書を出してきました。アルバイト面接の時も履歴書は出しましたし、就職の際も当然履歴書は書きました。

そんな中で私が心に残っている思い出を書きたいと思っています。特に盛り上がりやオチなどはないので期待はしないでください。

最初に履歴書を書いたのは16歳の頃です。近くの喫茶店でアルバイトをする為に履歴書を書きました。初めての履歴書で何をどうすれば良いのかも分からないまま、表現は悪いですが適当に書いてしまいました。

しかし結果は見事に合格。晴れて喫茶店で働く事になりました。老夫婦で営業している店だったんですけど年齢が離れている私の事をまるで本当の子供みたいに扱ってくれました。

私も凄く働きやすくて楽しい思い出しかないです。ただ2年間働いて時給は上がらなかったですけど・・。

なんだかんだで高校卒業までその喫茶店にはお世話になりました。最後のアルバイトの時には、私が書いた履歴書を返してくれました。字は汚い自己PRは適当空白が多い。

こんな履歴書で良く働かせてくれたな・・。なんて思っていたら、オーナーが『写真の笑顔を忘れないでね』と言ってくれました。

『履歴書の内容はメチャクチャだったけど、写真の笑顔が素敵で採用したんだよ。』って。

それが本当に嬉しくて、22歳で就職する時も写真は何度も取り直して一番良い証明写真を履歴書に貼りました。

それもあってか良い結果で今も素敵な職場で楽しく働いています。1週間前に喫茶店におじさんが亡くなったって連絡があったので、なんだか昔を思い出して書いてしまいました。

何のオチもなくてごめんなさい。でも文章にしたら悲しくてモヤモヤしていた気持ちが少し楽になりました。


Categorised as: 履歴書の書き方

Comments are disabled on this post


Comments are closed.