履歴書/自己PRの書き方 | 履歴書.info

履歴書/自己PRなら履歴書.info

履歴書と同じぐらい重要な自己PR文で注意しなければならないことは?

採用者のほとんどが、自己PRの内容で書類選考していることがあります。

大手企業では、応募書類が何百通も届き、全ての履歴書に時間をかけて、履歴書の内容に目を通していくことが出来ません。

そのため、採用者が目を通して良い印象を持てる、目に留まるような内容でなければなりません。

書類選考で落とされたことのある人は、自信を持って自己PR文を書いたと言えるでしょうか。

「頑張ります」「努力します」など書いている人もいますが、努力をして一生懸命頑張るのは、入社すれば当たり前のことです。

こんなありきたりな内容では採用者に良い印象を持ってもらうどころか、この人で大丈夫なのか不安に思われてしまうので、注意しましょう。

自己PR文は、履歴書の内容や、職務の経歴だけでは分からないあなたの一面を知るために必要なもので、あなたがどういう性格の人なのか、前職ではどのような内容の業務を行っていたのか、どれだけの意欲があるのかを詳しく知るための書類です。

長く書けばいいのではなく、採用者に伝わりやすい内容で、熱意と意欲を込めて書きましょう。


Categorised as: 履歴書の書き方

Comments are disabled on this post


Comments are closed.