履歴書/自己PRの書き方 | 履歴書.info

履歴書/自己PRなら履歴書.info

就職するにあたって履歴書を考える。

就職するにあたって、必ず通らなければいけない難関があります。それは面接です。面接なくして就職するなんて事はあり得ないです。

履歴書の内容や自己PRの書き方も凄く大事ですけど、もっと大事な見た目の問題に関してはお話させて頂きたいと思っています。

まず服装ですが、当然小奇麗な格好が望ましいです。シワのないシャツにシワのないスーツで行くのが常識とされています。

仮に“私服でも可”と書いていたとしてもスーツで行くのが無難であり、間違いないと思われます。

続いて髪型ですが、昔は男性の場合坊主で行くのが一番良いとされていましたが、今は時代の移り変わりもあって坊主ではない短髪で行くのが望ましいと言われています。

目や耳に髪が掛かっているような髪型では不潔な印象を与えてしまいますので、履歴書の写真を撮影する段階から短く切っておきましょう。

女性の場合もあまりボワボワしていないサッパリした髪型で行くのが好印象です。

続いて男女共に問題になってくるのがピアスの穴ですが、やはりこれも面接官にはあまり良い印象を与えられません。

仮に長い間ピアスを付けていなかったとしても、直ぐに穴の痕が消えたりはしないですよね。そこで応急処置になりますがファンデーションを使いましょう。

穴の空いている部分にファンデーションを塗って誤魔化すのが得策です。

特に男性の場合は注意してください。女性のピアスに関しては理解がある人が多いですが、男性のピアスは“チャラチャラしている”という印象を与え兼ねません。

その辺りしっかり意識して見た目で減点されぬよう注意しましょう。


Categorised as: 履歴書の書き方

Comments are disabled on this post


Comments are closed.