履歴書/自己PRの書き方 | 履歴書.info

履歴書/自己PRなら履歴書.info

労働条件に制限がある人の履歴書とは?

募集企業の応募条件を満たす経験や実績がある場合で、何らかの理由による労働条件の制約がある場合の履歴書の書き方は、次の点を注意をしましょう。

  1. どのような制約か?
  2. 応募に際して不利にならないか?
  3. 労働条件の制約は永続的なものか?

これらの点に注意して履歴書を書きます。

 

どのような理由であれ労働条件に制約があれば、これを履歴書、転職者の場合は職務経歴書に書き、募集企業にきちんと、伝えましょう

そのうえ、募集企業が抱くと思われる懸念点を先回りしてフォローをしておきましょう。

 

また、労働条件が、一定期間の場合はその旨をきちんと伝えます。

その時は他の社員と同様に働けることを忘れずにアピールしましょう。

 

なお、職務経歴の詳細は、念入りに書き、労働条件の制約以外の点では他の社員と遜色なく働けることをきちんと伝えることを、忘れずに履歴書や職務経歴書に書きましょう。


Categorised as: 履歴書の書き方

Comments are disabled on this post


Comments are closed.