履歴書/自己PRの書き方 | 履歴書.info

履歴書/自己PRなら履歴書.info

個性のある履歴書とはどういうものか。

自分の働きたい企業に履歴書を提出する時に、周りの履歴書に負けないように・自分の履歴書に興味を持ってもらうように個性のある履歴書を作る方が多くいます。

確かに考え方は間違ってないです。ただ、本当に履歴書に個性というのは必要なのでしょうか?

企業が求めているのは真面目で一生懸命働く人間です。個性がある人間が真面目ではないと言っている訳ではないですが露骨に奇を衒った履歴書はあまり良い印象を与える事は出来ないと思います。

そうなってくると一体どういった履歴書を書くのが良いか。あくまで人事で面接を担当していた私の持論になってしまうのですが、履歴書は無難にまとめて、個性は実際の面接の時に自己PRするのが一番印象が良いと思われます。

履歴書の段階で企業側が見ているのは写真と学歴です。他の部分も当然見ていますが、写真と学歴が第一印象の半分以上を締めていると言っても過言ではありません。

ですからあまり背伸びしないで内容で真面目だと感じさせるような写真を貼るのが大事になってきます。

実際の面接では無難な発言ばかりしていると面白味を感じられません。ですから、自分の考えや主張をハッキリ印象に残るように喋るようにしましょう。

先ほども書きましたが、これはあくまで私の持論なので全ての企業・面接官の考えと一致する訳ではありません。

ですが、これから履歴書を書いたり面接をする予定の方には是非参考にして頂きたいと思っています。

就職をすることは簡単な事ではないですし、誰でも悩む事だと思います。しかし今を乗り切れば幸せな未来が待っているはずなので、頑張りましょう。応援しています。


Categorised as: 履歴書の書き方

Comments are disabled on this post


Comments are closed.