履歴書/自己PRの書き方 | 履歴書.info

履歴書/自己PRなら履歴書.info

他の人と差をつける履歴書とは。

履歴書ではあなたの長所を企業に売り込む必要があります。しかし企業が採用したくなるような自己PRを書くというのはなかなか難しい事です。

例えば『時間をしっかり守ります。』こんな長所では企業側は気にも止めてくれません。なぜなら時間を守るというのは社会人にとって当たり前の事だからです。

他にも『与えられた仕事は最後までやり遂げます。』こんな書き方をする方がいらっしゃいますが、これもまた社会では常識的な事です。

当たり前の事を長所として書くようでは企業側としてもあまり興味を持てませんよね。では、どういった部分を長所として書くのが良いか。

それは他の人間より優れている事を書く事が望ましいです。自分が周りよりどんな部分が優れているかを1度ノートに書き出して見るのも良いかもしれないですね。

例として私の場合ですが【他人の気持ちを直ぐに理解することが出来る】【協調性を持って周りを良い雰囲気にすることが出来る】こういった長所が考えられます。

その上でこの2つを合わせて【どんな状況でも周りの気持ちを理解して、良い雰囲気にすることが出来る】という書き方をすれば長所として相手に与える印象も良いと考えられます。

ただ、こういった長所にした場合、面接の際『どんな状況でも周りの気持ちを理解して、良い雰囲気にすることが出来る』とはどういう意味ですか?と聞かれる可能性も充分にあります。

その時に具体的な例を出すのが一番望ましいので、『○○の時に△△をして良い雰囲気作りをする事に努めた』としっかり説明出来るように準備をしておきましょう。


Categorised as: 履歴書の書き方

Comments are disabled on this post


Comments are closed.